紋谷のソコヂカラ

14日水曜日から 入院します [病気について]

投稿日時:2011/09/11(日) 19:53

9月1日に 半年ぶりの検査をしました。
 
CTと血液検査 お決まりのパターン。
 
春先から なにかと咳き込むことが多く 
血痰も見られるので 
そろそろ気管支を圧迫してきたなあ 
などと思っていましたが、
 
肺の腫瘍は 半年前の3倍くらいの大きさになっていました。


 
 
左右の肺に都合3か所ある腫瘍の、それぞれが3倍になってますから 
全体的にはかなりの面積を占めてきています。
 
AFP値:96,736 
 
「2万だ3万だ 大変だ!」などと
右往左往していた頃は、なんだったのか!?…と 
ひとりで、乗り突っ込みをしてしまいます。
 
それでいて、ほかの内臓への転移は一切見られず 
血液のデータもまことに正常 
おかしいところはこれといってないのです。
 
相変わらず 肺の中だけで僕の癌細胞は増殖し 
原発巣はすでにない以上 
この肺の中の腫瘍を叩くことが出来れば、
完治までは無理としても、
体調の改善と延命は可能になります。
 
ということで、抗がん剤を入れるのですが
 
最近まで続けていた「NI」ではなく 
「TIP」というセットを試してみることにしました。
 
これはまったく新しいセットというわけではなく 
以前、試みた「TIN」というセットの変化バージョンです。
 
  僕の癌の場合 まずは投与される「PEB」の次に位置するセットで 
欧米では「TIN」よりこちらの方がポピュラーらしいです。
 
とはいえ ざっくり半分くらいは、
一度(いや何度も)も試したものと 
同じ成分のセットですから 
まあ 劇的な効果は初めから期待できません。
 
3年前に 7,000あったマーカー値が20に落ち 
そこで下げ止まり クスリを変更 
正常値まで引き下げたのが「TIN」というセットです。

その2週間後には、また異常値にあがってしまい 
そこでこのクスリも打ち切られたという過去を持ちます。
 
投与期間は8日間 
最近の「NI」が1日半で入れ切る…
短期的に血中濃度を高める薬に比べ 
少し長いタームで投与します。
 
まあ、その分辛いです。 

また振り返れば副作用も
いちばんきつかったセットで 
相変わらずの手足のしびれの元凶はこのセットでした。
 
辛い分 効いてくれれば報われるのですが、 
それとは別な感情の方が強いです。
 
面白いもので なんというか僕の場合
すでに修行の境地ともいえまして、
普段の不摂生や不誠実?さに対する
贖罪に臨む気分なのです。
 
いつもごめんなさい。 
調子に乗っていてすいません。

こんな僕に罰を …という気分。
 
だから、薬が効いて欲しい…という希望とは別にして、
当然にして受けるべき苦行だと、
どこかで真面目に感じているのです。
 
へんな感情ですが そうでも思わないと
耐えられないという身体と
心の反応なのかもしれませんし、
やはり、どこか世間に申し訳ないと
思いながら生きているのです…
僕は…どうも。
 
 
投与後の「骨髄機能の回復」、
こちらは純粋に気になります。 

そろそろ余談は許さないのではと思っています。
 
癌そのものの脅威より 抗がん剤の副作用で
廃人になるのだけは勘弁して欲しいと 
常々、思っていますが…
 
…これも、実際に入れてみないことには
分からないというのが、まことに困ります。 
 
危険度合いが高いことが、
事前に分かるなら、抗がん剤は入れないです。
 
しかし、現状の血液データーはAFP値を除けば、
健常者と変わりませんから、
投与したても、持ちこたえられる状態と、
信じるしかないです。
 
抗がん剤を入れ終わり 
経過がわかりましたら 
ご報告します。
 
※入院期間は、電話 
メールともご返信が遅れます 

ご容赦ください。

コメント


なんとかなる、と思うしかないですわな。

Posted by ツルピカ at 2011/09/12 08:52:02+09 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

サイト検索

<< 2018年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

紹介メール

このページを紹介するメールを送信する事ができます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
配信先メールアドレス
(複数のメールアドレスに送る場合は改行して1行に1メールアドレスを書いてください。):
題名:
紹介文:

MON:U アマゾンストア

(紋谷さんお薦めの逸品を手にしてみませんか)