紋谷のソコヂカラ 2010/10

rss

拝啓 加余子さま 

投稿日時:2010/10/31(日) 17:06

手軽で美味しい料理を教えて…と言われ 
だいぶん時間が経ってしまいました。

僕の知るあなたは、いつも明るい人でした。
ついでにいえば、あまり細かいことに執着しない 
ノリの人でもありました。

もう少しついでにいえば、
感性豊かな人でもありました。

料理などは、ましな食材と少しの想像力さえあれば
なんとかなります。

最近はゴム長を履き、農家で働きはじめたご様子、
美味しい野菜は手に入るはずです。

あとは、その類まれな感性を少し発揮すれば 
チョチョイのチョイではありませんか。

…?

…あっ…そうですね。

食べさせる相手次第では、チョチョイの
…とはいかないですね。


「料理の時間はもったいない
 とっとと食べて遊びに行きたい…」
そんな子供心ままに大人になった旦那さま。

なぜか、大人の食べるものに執着を示すご長男。
そして、好き嫌いの多い娘さん。
最近は、義理の母親が上京され、
…はてさて、嫁として何をつくればよいのやら。


「手軽で美味しい…」と望まれた理由は、
そういうことに前向きな、表れなんですね。

あまり悩まず、
そんなに悩んでないかもしれませんが、
自分がうまいと思うものを食わせりゃ、よいんです。

大切なことは 

「おい だんな 美味いか 不味いか言ってみろ。
 美味いなら美味い…と ひとことでいいから、
 言ってください。お願いよ」

であり。

「おい 子供 好き嫌いは100年早い。
 自分の望む食べ物は3分ではできないのじゃ」

であります。 


まあ、そんなやりとりが出来たとしても、
それでも、毎日の食事には気を使うし 
なにより面倒くさい。

わかります。


この季節に僕が必ずつくるものを、紹介しましょう。


そのかわり、必ず守ってほしいルールがあります。


それは

ひとつ、「かならずつくること」 

ふたつ、

「いただきます…と口にするまで…これはなに?
 …と家族に聞かれても中味を言わないこと」
 

です。


なお、名前を付けるのが嫌いなのでレシピだけを書きます。
また、レシピは、ポイントだけで収めます。
レシピなんて、こんなもんで十分なのです。 
馬鹿にしてるのか…ってほど簡単なのですが
こちらはいたって真面目です。


● ひと品目

① イングリッシュマフィンにバターを塗り、両面焼く
② 生のサンマの刺身を面いっぱいに並べ、
  その上に塩、こしょう(塩・こしょう必ず)
③ 洋からし(和ではダメ)をたっぷりかける(たっぷりです)
④ パセリのみじん切りと玉ねぎのみじん切りを
  これまたたっぷりかける
⑤ マヨネーズをかけ、最後にオリーブオイルをかける

● ふた品目

① 柿(出来れば種なし)の皮を剥き、スライス。
② ボールで スライスした柿にポン酢(※)とすりごまを入れて和える。
  
  ※ポン酢は 出来れば手作りがいちばんですが、
   面倒でしょうから 市販のものでよいのですが、
   ごめんなさい。ここは良いものを。
   少し、贅沢ですがポン酢は高いものと安いもので
   味に差がありすぎるので、
   他にも使えますから、なんとかひとつ。

● み品目

① 山芋(水分の少ない芋)スル 。
② 大きめのお猪口や深い器の中に、鳥のささみを一口に切ったもの、
  おしんこ(ザー菜とか)を刻んで入れ、
  ①をその中に。
③ ②を蒸す (蒸器がなければフライパンで代用)
④ 別の鍋でお湯を沸かし粉末か白だしなどで味を濃い目に
  沸騰したら溶いた片栗粉をかけとろみをつける。
⑤ 蒸しあがったら、④をかける

● よ品目

① そうめんをゆでる ゆで上げないで、アルデンテ状態であげ、
  湯を切り ごま油をかけ混ぜておく。
② シーチキンともやしと青ネギを炒める 塩コショウ 
③ ②が炒められたら ①を投入、
  火を止め、白ごまと塩こんぶを入れ混ぜる。
④ 食卓に並べる直前に、ラー油を。 
  子供が苦手なら大人用に。

  ※②はベーコンでもにんじんでも代用はなんでも可
   ただし水分の出過ぎる野菜は不可。

● ご品目

① 子持ちししゃもとお味噌 生姜 ネギ 粉末だし 
  片栗粉を混ぜ ミキサーに。
② 分量は ししゃも5に対して以下1づつ
③ 鍋にお湯と出汁昆布 塩少々で沸騰したら①をお団子にして投入
④ 灰汁が出たらすくう。 
  別の鍋でごぼうをささがき
 (面倒なら細く切れば可)にして下茹でしておく。
⑤ ③に④を入れ …美味しいポン酢(笑)で。


とりあえず こんなところで 今回は。


「味の想像はだいたいつくけど 

 …!?

 …それ入れるんだ?」

って感じのひっかかりが、
ひとつあるものを並べてみました。


材料は どうしてもというものもあれば 
他で代用がきくモノもあります。

あくまで、きっかけになれば…と。

ぜひ、あなたの想像力で発展させてみてください。

なお写真は イメージです(笑)
書いていたら、ご飯をちゃんとつくりたくなり 
作ってしまいました。





どうすんだ こんなに ひとりじゃ食えないだろです。

ミルキィー

投稿日時:2010/10/20(水) 22:53

昨日の昼間(10月19日) 

ミルキーが息を引き取りました。


生後2カ月でわが家にやってきて…14年と5カ月 
…シェットランドの寿命は
15歳と言われていますから
ほぼ授かった命をまっとうしてくれました。

さきほど、お骨にして家に戻りました。

昨日、「餌を食べなくなった」と 
ペットシッターの清水さんから連絡を受けて 
駆けつけた時には、ぐったりしてはいるものの
意識もあって 清水さんとは、強制給餌をしようかなどと話し 
最後は、我が家に戻しましょう…
など相談して いったん自宅に戻りました

…ほどなくしてまた清水さんから電話が 
…清水さん 泣きじゃくっておられて会話になりません。

「すぐ伺います」…と駆けつけた時には 
もう 息をしていませんでした。

僕が帰り少し体を動かし 
…そのままゆっくりと息をひきとったそうです。

ペットの死に何度も立ち会われた清水さん曰く、

「苦しまず 静かな さようならでした。
 もっと苦しんで逝く子もいます…
 せめてもの救いです」 

彼女が僕に飼われて幸せだったのかはわかりません。
でも、彼女がいてくれて
僕は幸せでした。


僕の都合で、最近はいっしょに居られることが
多くありませんでしたが、 
その分 いろいろな方の愛を受けてくれたと思っています。

ミルキーを可愛がってくれてありがとうございました。

頭をなでてくれてありがとうございました。
お散歩に連れていってくれてありがとうございました。

ミルキーと関わってくれたすべての方に
ご報告とお礼を申し上げます。




…機会は自らつくり出し…

投稿日時:2010/10/14(木) 10:01

「…もう…あの頃の、
 もんやさんのやり方じゃ通用しないですよ」

などと言われた。 

以前、働いていた会社がいま、
どんな風なのかという会話をしていた流れで。

僕自身は、別段、“その会社の今” を
肯定も否定もするつもりはなかったのですが、
彼には、当時の僕がよほど、“好き勝手”していた…
と受け止めていたようで、
思うに任せない彼自身の現状と相まっての
ご指摘であったように思う。

半分は納得…半分はカチン! …ときた。

決して、ルールを無視して
好きなことをしていたわけではなく、
あくまでも原則的なルールは遵守しつつ、
どうやって面倒から逃れ、

要するに売上と利益に貢献しているという
具体的な実績をあげていれば、
会社からは文句がでないことを見越して、
自分にとっては意味のないことから逃れるか…

いやいや、意味のあることだけをしていられるか…
ということに専念していただけなのです(笑)。

これでも、いろいろと使わない気を使っていたのだから、
まるっと“好き勝手”と評されては 困る。

しかし、この指摘の胆は、
僕がどうのこうのよりもっと大きなこと… 

「自らの意志がない」

「ルールしか守れない」

そういうその会社の組織人を
揶揄する気持ちが彼の中にあることであって、

「そういう相手と仕事としていても、
   なんだかなあ…って感じること多いんだよね」という、
ため息をつきたかったのであるから、

むしろ「もんやさんと仕事していた、あの頃は楽しかったな~」
と言っているわけで、うんうんと頷いていればよい、
という話であります。

…では、今の時代、仕事を楽しんではならないか、
というとそうではなく、楽しんで仕事をしたいか 
と言われれば そうに違いない。

いや、もしかしたら 
楽しいという基準が 
もう大きくズレテいるのかもしれないが…。

原価管理を徹底する。対内外ルールを先鋭化して整備する 
ここまでは当たり前である。

やはり、根本は運営にある。

役職は増えるが権限が減る 
ここで、責任の所在を明確にできる“功”が、
個人の裁量(度量)を減らす“罪”に勝ればよいのでありますが、
リスク管理からいえば、個人の裁量は抑え込みたい、
必然、仕事の幅は減り、器量や度量なるものも
比例して摩耗してゆく。

「いいんじゃん 言われたことをしていれば」 
…とこれが 楽しい仕事と言われれば致し方ない。

「自ら機会をつくりだし、
 チャレンジしている人間は大勢いる」 

今の世だから“出来にくい”かもしれないが、
“やろうとすれば道はある”

それはあなたが、会社人ではないからだよ 

…本当にそうなのだろうか。

僕が組織人をしていた頃にも、 
言われたまま子ちゃんは大勢いたし、 
好きなことしかやらない君より 
数はだいぶん勝っていた。

そうそう、好きなことしかやらない君は、
言われたまま子ちゃんが 
いなければ生きていけないのでした。 

好きなことばかりしている奴しかいない
組織なんて存在しないのだから 
甘えていたのですね つまり。 


◇◇◇


半期が終了して 
「会社の売り上げ報告と下半期の見通し発表の会」
をやるので出席して欲しいと言われた。
僕が、リーダーの育成に塾長として
関わらせていただいている会社から。

そこで、社員の前で 
ライブトークをすることになった。 

テーマは、「働くチカラ」。

平たく言えば、 
「昔 我々はどうして、がむしゃらに仕事をしていたのか?」 
なんてことを好き勝手に話し合い、
そのままを見せて感じてもらおうという企画です。

簡単な懇親会を挟んで、会議室が暗くなり 
手作りののれんの下に簡単なカウンター 
新橋のスナックという設定。



社長に加え ゲストは僕ともうひとり、
求人広告関連の会社の社長H氏であります。
3人とも以前は同じ会社にいて、
社長とH氏は同期です。

場内に我々の自己紹介がスピーチされ 
3人が登場 スナックならではの小芝居を挟んで 
おもむろにトークは始まる。

内容は、簡単なアウトラインはあるもののほぼアドリブ。
「 知らない時代のおやじ連中の、昔はよかったなあ~」
というありがちな内容を
今を戦っている社員たちに 
いかに心に残る話として聴かせるか 
かんたんな様で以外に難しい。 

普通に話せば 専門用語が多すぎて 
まるで伝わらないから そこんとこ 
行き過ぎるタイミングではさえぎり、
注釈など交えた。

以前の会社での日常には、
どんなモチベーションがあったのか?
逃げ出したくなる場面では、どう対処したのか…
などなど、

また、H氏の会社では 
近年、かなりの規模でリストラをせねばならなくて、
そのあたりの厳しさと、結果、黒字化してゆく背景を 
社長の立場で語ってくれた。

そもそもこの企画は、社長が社員との会話で

「ワタシの、この会社での存在価値がわかりません」

と言われたことから生まれた。

…これを、なんとも情けない発言
…と受け止めてはいけない。

この社員は、自問しているのです。 
自分は会社に貢献しているのか? 
また、貢献するためにはどうしたらよいのか? 

まことに純粋に前向きな発言だと思う。 
そうであるならば、なにかヒントを与えねば 
ということになったのです。

事前のアウトラインでは、この発言を受けて 
「自分の存在価値」に関してのなにがしかの答えを
僕が話すことになっていたのだが
時間がなくなってしまい話せなかった。 

ここで言うことにする 

「 それは 自分で つくる もの だよ」 


◇◇◇

はい。 本題。



免疫療法が1クール終わりまして 
検査結果が出ましたので報告させてください。

以前、おらが村の…で、
「悪さをする輩(癌細胞)をやっつける細胞はあるのに、
見つける役がさぼっている」
と説明したと思います。 

今回の治療では 他人の活性したリンパ球を 
段階的に投与して、このさぼり細胞をやる気にさせる
というのが大きな目的でした。

結論から言うと 
残念ながら思うような効果は得られずでした。

「CD3 HLA PR」 

これが正式な名称 
…通称「Tリンパ球」です。

みなさんの体にもあるこのリンパ球 
基準値は4.8~23.5 
…ああ 数字はいいですね 

そもそも僕のTリンパ球
…基準数値内にはあったのですが、
癌細胞が増殖している僕にはもっと必要。

そこで、 新たに外部から助っ人を入れ込んだわけですが、
単純に数を純増させるのではなく 
送り込んだリンパ球が 僕のTリンパに刺激を与えて
やる気にさせる。そのための傭兵です。

しかし、結果は僕の、そもそものTリンパが感応しない。 
やる気にならないのです。

困ったものです。 
言われたまま子ちゃん以前の問題… 
無能社員です。

自ら機会を作り出せよ です。 

存在価値を示せよ です。

実はかなりショックです。 

冷静なようで がっかりしています。

しかし、クリニックの担当医S先生
(写真があるのですが 公表は控えます)は 
新たな手を紹介してくれました。

「…もんやさんのTリンパが感応しない理由は、
 もう大人の血液の状態だからと考えてみてください。

 体内を流れる血液は、もんやさんの性格から
 改心しないのです。

 性格を形作るのは骨髄の中にある“造血幹細胞”なのですが、
 これは採血では3/1000しか得られない。
 
 だから確率的にはどうしても低くなる。

 それでも、血管への投与でも感応する方は
 もちろんいるのですが、もんやさんの場合は、
 それでは足りないということです」


「血液は骨髄でつくられるのですが 
 その後、胸腺でその性格が決められます。 
 小学校みたいなもんですね。
 この学校の授業で、はい癌は敵ですよ。
 リンパ君、見つけたらやっつけなきゃダメですよ。
 と教育されるわけです。」

「だから 胸腺という学校の段階で、もっと教え込む。
 ここで 癌は敵 ちゃんと見つけなさい! とね」

つまり、ちゃんと学んでいない生徒が大人になっている。 
その大人に、今から新しい教科を勉強させようとしても
言うことを聞かない。

だから、これからの子供たちをターゲットに 
小学校に立ち戻りそこで教育する。

ということです。

理論的にはわかりやすいのですが、
ことはそう簡単ではないようで、

樹上細胞療法のひとつでもある
この治療法…現在では、まだまだ治験段階 

免疫でも最先端の領域らしく、
簡単には出来ないようです。

ということで、来週にかけて
S先生とこの治療を紹介いただいた
九州のT先生で相談してくれて 
どうするか決めていただくことになりました。

僕としては、出来ることならチャレンジしたいのですが 
こればかりはS先生とT先生のご指示を待ちたいと思います。


また決まりましたら ご報告させてください。

時代は変わっても 
場所が会社組織でも 
体の中のミクロの決死圏でも  
大切なのは 

「自己啓発~やる気」 

おんなじって話です。

サイト検索

<< 2010年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2010年10月

紹介メール

このページを紹介するメールを送信する事ができます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
配信先メールアドレス
(複数のメールアドレスに送る場合は改行して1行に1メールアドレスを書いてください。):
題名:
紹介文:

MON:U アマゾンストア

(紋谷さんお薦めの逸品を手にしてみませんか)