紋谷のソコヂカラ 2010/4

rss

おい あんちゃん!元気か?

投稿日時:2010/04/24(土) 20:33

 「おい あんちゃん!元気か?」

 

おっさんに、突然話しかけられた。

 

小田原からの上り…東海道線の車中、座るや否や、
弁当を食い始め、終わるや否や
カップ酒を片手に新聞を読み始め、

「春一番ですねえ~♪」と鼻唄を唄い出した おっさんにであります。

 

「おっ!! ガッツポーズ! いいねえ 格好いいねえ!!」

 

「おっ!! かんどりしのぶ いいねえ!! しのぶぅ~あめ~♪」

 

スポーツ新聞の記事をみながらの大きなひとりごとを連発している。
時折、僕の方をちらちら見ているような気配、もちろん知らん顔をしていた。

 

こういうおっさんは、さびしがり屋で、話に乗ろうものなら、際限がなく、
面倒くさくなるのがオチなので、もちろん知らん顔をしていた。

 

「普天間ねえ~なんだかなあ~時の流れに身を任せぇ~♪」

 

「事業…しわけ…申し訳けねえ~なんてな」

 

事態は、エスカレートする方向のようだ。

 

このまま放置して、この浪花節ギャグを我慢するか…決断が迫られている。

…と、おもむろに、キタ!!

 

「おい!あんちゃん 元気か?」

 

仕方ない。

 

「元気そうにみえますか?」

 

「見えるねえ~見える 人生悩みなし!って感じだ うほっうほっ」

 

「どのあたりが?」

 

「どのあたりもこのあたりも…うほっうほっ…」

 

この、うほっうほっは、会話の間、ずっと続くのですが、面倒くさいので省く。

 

「アイルランドのかざんばいってのは、あれかい、そんなにすごいのかい?」

 

「アイス!…ランドのですね。飛行機のエンジンの中に入ると大変らしいですよ」

 

「ふーん。アイルランドから、こっちにゃ来ないのかい?」

 

「アイス!…ランドは、遠いですからね 
日本じゃ、中国から黄色い砂が来るくらいですかね」

 

「…でもなあ 空港の人が あれだろ 帰れねえ外国人とかに毛布貸したり、
どっかタダで連れてったりしてんだろ。えらいねえ…おれは感激したよ」

 

「ほかの国じゃ、なかなかしないでしょうね。ああいう日本人らしいところ、
僕も好きです」

 

「ふーん。でさあ、沖縄のアメリカの基地は、どうなんだい? 」

 

「どうというのは?」

 

「だから 結局、どうするのさ」

 

「どう?…と言われても」

 

「なんか解決策はあるのかい? あんちゃんならどうする?」

 

「僕が、決めていいんですか?」

 

「いい いい 任せる 」

 

「…そうですね。…全国、すべての地方自治体に公募するんですよ。」

 

「こうぼ?」

 

「ええ。土地を提供したら、毎年100億円の特別助成金かなんか出すからって」

 

「…で、くるかえ?」

 

「グアムがよいなら、もう北海道の僻地でも、東北の寒村でも 瀬戸内の無人島でも 
なんでも同じでしょ。財政の赤字や過疎に悩む自治体なら手をあげるんじゃないかと」

 

「ふーん。でも、100億はたけえなあ~」

 

「50億くらいでもいいんですが、大切なことは、政権が変わっても未来永劫、
基地がある限り、助成金は保障ってお墨付きがないといけないですね。」

 

「法律で決めるんかい?」

 

「法律は出来ても、変えられちゃうから、簡単に反古にできないやり方で…

そこまでしたら、おらが村に基地を…って、殺到しますよきっと」

 

「ふーん。間に合うんかいそれで?」

 

「頭下げりゃいいんですよ。ごめんなさいって、…で仕切り直し。

頭下げてうまく治まれば、5年したら笑い話しです」

 

「ふーん あんちゃんも呑むかい?」

 

「いえいえ ぼくは結構です」

 

「その荷物はなにがはいってるんだい?」

 

「母ちゃんのつくった 筍の煮物とふきの佃煮と…」

 

「おっ!いいねえ」

 

「食べますか?」

 

「いいの?」

 

賢明なる読者のみなさんは、

こういう盛り上がりを僕が好きでやっているのでは…と誤解していませんね。
別段、気にならないって程度なんです。僕の場合。

 

「うまいねえ~」

 

「ありがとうございます」

 

「んで、どこの生まれ?……しずおかねえ~…母の日に…

ふーん 親孝行だねえ」

 

「ぜんぜんです。親不孝を絵に描いて、ハサミで切り取って、張り合わせて、
空気入れて膨らましたような人間です」

 

「なんじゃいそりゃ ヘンなこというねえ」

 

賢明なる読者のみなさんは、オマエ、もうすでに楽しんでいるだろう、
と誤解しているようですが、
確かに、このあたりは少し楽しんでます。

 

「あんちゃん嫁さんは?」

 

「いえ、残念ながら おじさん、お子さんは…?」

 

「いるよ。いま中国で働いてる、あの…ほれ小さい島のほう」

 

「台湾ですか」

 

「そうそう」

 

「遊びには?」

 

「いかねえ………めんどうだもん」

 

ここは、少し考えて…答えた感じのおっさん。
台湾近いですよ…とか振ってみたが、反応は鈍い。少し、中国の話しをする。


「おれ、最近、胸が痛くてさ、腰もなあ~こう重い感じで、手も痺れるんだよなあ~。
あんちゃん、健康そうでいいなあ」

 

「そうですか。そう見えますか。」

 

「癌とか言われたらどうしよう?」

 

「心配ですか?」

 

「こわいねえ~癌なんて言われたら、死んじゃうよオレ。
あんちゃんも、今は元気だからいいけど、そのうちこわくなるよ」

 

「そいういうもんですか?」

 

「そういうもんだよ。だんだん歳をとると、こわくなる」

 

病気の話に付き合うのは、慣れている。どうということもない。

 

「藤沢過ぎましたね」

 

「あんちゃんどこで降りるの?」

 

「戸塚です」

 

「うほっうほっ…同じじゃん…んじゃあさ…どこかでいっぱい行くか?」

 

「まだ…昼ですよ」

 

「昼からがいいんじゃないの」

 

…このあと、戸塚で降りたおっさんと僕…さてどうしたのか?

 

それはまたのお話し。

◆◆◆

今年も、少しすると「ツール・ド・フランス」がはじまります。

 

僕にはサッカーW杯より楽しみです。

 

近藤史恵さんの新作「エデン」(新潮社)…かなり面白いです。

 

複雑で奥深いサイクルロードレースの世界がよくわかりますし、
主人公の“男”に胸を打たれます。

 

決して、長くない小説です。前作の「サクリファイス」と併せ、
ぜひ読んでみてください。
きっと、観たくなりますツール。

 

帰省の折、母から「1Q84…って小説、話題らしいけど読んでみたい」
と言われたので、うーん…と思いながらも、贈ることにする。

 

昭和ひとけた生まれの母は、チャレンジャーだ(笑)

 

さあ、みなさん。もうすぐ母の日。
お忘れなく。

女優 T

投稿日時:2010/04/11(日) 21:26

中国で3億人が観たと言われている映画「非誠勿擾」。

この映画の影響で、網走や釧路、阿寒湖、屈斜路湖、
など道東を中心にロケが行なわれた場所は、
中国人のみなさんであふれかえっているらしい。

公開された翌年2009年に、中国での日本への観光目的の
旅行者へのビザ発給のうち、実に25%は北海道への旅行目的。

外国人の宿泊者の総数でみれば、北海道も他県同様作対比は
落ち込んだものの、中国、香港、台湾からの旅行者は、
110万人で、全体の80%を越え、
中国人に限れば昨年対比で、
7割も増えたという。

中でもこの映画の主演女優スー・チーが
台湾人ということもあり、
台湾からの旅行者は激増らしい。

これは中国本土でも話題になっていることらしく、
広東省の書記で、来年の共産党大会で
中央の要職へ登用が確実と言われる
実力者汪さんも、

「北海道のように工業化進んでいる場所にも関わらず
   自然環境が保護されているところに、嫉妬を感じる。
   広東省は、経済成長優先の施策が環境破壊を
   もたらしていることに憂慮したい」

なんてことまで言っている。
 
僕は観ていないが、この映画は恋愛映画である 
題名の訳は…「本気でお付き合いできる方を望む」

中国の婚活の広告でよくみかけるフレーズらしく、
映画はラブコメというが、3億人というのはなんともすごい。

今後は、300万人まで膨れ上がることが
予想されているらしいが、そうなると
映画を観た人の1%が北海道を訪れることになる。

確か、小泉内閣の時の「観光立国」宣言時は、
外国人旅行者は500万人、現在は800万人くらいだから、
このうちの300万人が中国人となると
これはちょっと怖い気もする。

中国での個人旅行者へのビザ解禁と相まってはいるものの、
やはりまだまだ中国は、エンタメのコンテンツが
不足しているのだなあとも思う。
多様化しすぎた日本で、
人口の3割が熱中するコンテンツはありえない。

また、北海道では、中国語を話せる、
正式な観光ガイドとなると数十人しかいないらしく、
就職難に憂う諸氏は、とっとと中国語を勉強すべきであります。

僕は

「プー タン」 (痛くありません) 

「クウ~イィ」(だいじょうぶ) 

「ニー ツゥーダ フェイシェン ハォ」(あなた上手です)

と 中国人マッサージ相手に鍛えた中国語が役にたつと 
手ぐすねをひいている。

わが故郷 静岡が この北海道の成功を黙って見過ごすわけは
なかろうと思っていたら 案の定、中国へのロケ地誘致を始めた。

駿河湾と富士山 大井川鉄道…

静岡ならではの観光地をぜひロケ場所にと 
売り込みをはじめ、このたび 映画ではなく
ドラマのロケが行われ先月、中国で公開されらしい。

デューダーダーショウショクキ 

漢字は面倒くさいので省くが、こういうタイトルです。
これまた恋愛ものらしい。

ロケは静岡県観光スタッフの全面協力で行われ、
ドラマ公開に併せて、ツアーも企画されて、
中国の旅行会社に売り込んだらしい。

ビデオやパンフの映像は、富士山や駿河湾や
SLをモチーフに制作されていて、
なかに静岡茶も多くアピールされていた。

また、実際にドラマの映像を拝見したが 
…主演の男女が愛を語る場所が 
お茶畑というシーンがあった。

「来年もここに来て、いっしょに“茶摘みショーを観ようね”」
とか言っているのである。
(ほんとうに言っている)

うーん。気持ちは分かる。

中国人もお茶好きだし、 

このドラマがヒットすれば、
「烏龍茶 既古 新時代 静岡茶」
(謝…でたらめです)

とかブームを望む気持ちもわかる。 

しかし考えて欲しい 

牧ノ原や掛川あたりの 
お茶畑のそこかしこが中国人だらけになってしまう画を。

築地のそれ以上におかしい。 

網走の能取岬や美幌町の美幌岬とは違うのです。
山間のだんだん畑…そもそも茶摘みができないじゃないか。

静岡空港の体たらく 
上海便の活況狙いと 
同県人として気持ちは痛いほどわかります
…しかし なんでもありはいけないだら。

このドラマのせいで、静岡県人の若い男女は 
茶畑で愛を語る 
などと中国のみなさんに、
間違って認識されたらどうするんだ。

恋愛ドラマは主役の俳優次第 
とくにそうです。 

そういう意味ではこの映画の中国人女優は
いまひとつ魅力に欠ける。

まあ、中国で放映されるドラマですから 
よいのですが、出来れば替えて欲しかった。

これが韓国ドラマであるなら 
…僕にはイチオシの女優がいる。

名前は「キム・テヒ」 
…そう 彼女の話しがしたかった。(笑)



ほんとうは教えたくないのですが、
民放地上波のゴールデンで 
日本人俳優のふき替えのオーディションまで行って
放映される韓国ドラマ「アイリス」が、
もうあと少し

…4月21日からスタートしてしまう。

そうなると主演している
(イ・ビョンホンの相手役)彼女の魅力は、
周知の事実となり、
ブームが起こることは必然の成り行きとなるので、
先に言っておきます。

プロフィールなどはおいおい分かることなので省きますが、
彼女が仮に中国人で先の映画やドラマなどに主演していたら、
3億どころではなく軽く倍の6億人の中国人が
ブラウン管に釘付けになり、

完全なる「君の名は現象」を引き起こし、
ひいては、胡錦濤国家主席が、党大会で彼女の経済効果について
コメントを述べる
…という事件に発展するでしょうし、

北海道の観光収入はバブルに沸き返り、
長い冬の時代を吹き飛ばし、
静岡の茶畑がお茶摘みショーをニイハォの掛け声で
…ウエルカム 
…もう何でも来い 
であるのです。

ほんとうは教えたくなかった。

たぶん日本人成人男子のほとんどは、
いまどきテレビドラマなんて観ないよ…

でしょうし、仮に観ているとしても、
「韓国ドラマ?…興味なし 
 あれは おばさまの娯楽」
というイメージなのでしょう。

このアイリスも主演のイ・ビョンホン様的な
ファンがいちばんのコアなのでしょうが、
チョン・ジュノ 
キム・スンウというイケメンファンも
相当数いると思われ 
視聴率の座布団は見込まれるのでしょうし、
前回も書きましたが、日本の民放ドラマの凋落は久しく
…ここに本来の

「おもしろいドラマの王道である韓国モノ」
をもってこざる負えないというのは、
情けなくも必然なのかもしれません。

それにしても、日本を模倣することからはじまった
韓国の映画・テレビ業界 その対場を逆転
(映画界ではすでに前からですが)させ、
ついに逆輸入解禁か…
と思うのです。

ドラマの軸は、
「韓半島に起こりうる戦争を阻止しようと
   活躍する国家機関
   …そこに活躍するスパイたち」 

映画では取り上げられた題材ですが、
より多くの国民が観るテレビドラマで
放映されるのは韓国でも新しいことです。

すごく簡単に言うと、恋愛ストーリィーは
韓国の王道ですが、軸にはもっと骨太のテーマを…
と韓国テレビ界の気構えが滲んでいる作品でもあるのです。

…なんてことは 刺身のツマなる話し、
本題は、アイリスがどうこうではないのです。

ここに主演し、ビョンホン、ジュノのイケメンを
その魅力でたちまちに籠絡してなお…彼女じゃ仕方ないわネ…と
韓流大好きおばさんまであきらめさせてしまうだろう…

それほどに圧倒的な魅力をもつ女優 
キムテヒの存在です。

このドラマ、女優ではキム・ソヨンも登場します、
そうとうに素敵な女性です 
しかし、テヒにはかなわない。

まだ、放映されてもいないのに 
そこまでいうか? 

…はい。

みなさんが暇ではないように 
ぼくもこれでなにかとひまではないのです。

テレビドラマなど、よほどのものではない限り、
気にすることもありません。

…よほどのことなのです。テヒは(笑)

テヒは、実はモデル 
CMがメインでデビューしました。
実は主演の映画やドラマは多くはありません。

ソウル大学出身という高学歴女優という肩書を除けば、
「天国の階段」の準主役で認知されたといってもいい存在です。

僕が彼女の魅力に引き込まれたのは
「ラブストーリィー・ハーバード」というドラマからです。

映画の「中天」も観てはいるのですが
彼女の印象はそれほどでもありませんでした。

ハーバード…は 
ハーバードなのに 
ボストン舞台は全体の半分、
残りは韓国が舞台です(笑)

ロースクールに学ぶ留学生二人 
キム・レオン(まっすぐで単純なイケメン) 
とインジョンジン(知的でクールなイケメン)

このドラマではこのイケンメン2人が、
テヒの犠牲(笑)となります。

テヒは、医学を学び、人道支援のボランティアを
熱心に行う苦学生役、早々に恋を落ちた二人からの
求愛を袖にしてゆきながら展開します。

恋愛とは別に、弁護士志望の若者ふたりは、
大学で仕事で…とお互いが競い合い、その過程では
人種差別や環境問題など法廷での裁判シーンなども多く、
これだけ観ていてもなかなかにおもしろいドラマです。

それでも、一番の魅力は、中心にテヒがいること。
ここでの彼女が、いちばん彼女らしいので、
アイリスがどこまで彼女の魅力を引き出す
作りになっているかは不安でもあります。

まことに綺麗で 
なんとも可愛くて 
こわいくいらいまっすぐで 
ただ一生懸命で 
時に小悪魔  

これが彼女の魅力です。

その意味では、複雑な魅力ともいえ、
韓国より、
日本人の方に受ける素養がある気もします。

ほんとうは教えたくなかった。

ほんとうに忙しい方は、
アイリス放映の木曜は家に帰らないでください。

もし間違ってテレビのチャンネルを合せてしまうと、
テヒの魅力から、抜けられなくなります。

これが僕からのささやかなる助言です。
奥さんや母上と同居の男性は、
いまのうちに
「あのさあ 韓国ドラマとか興味ないよね?」と
確認しておくことをお勧めします。

しかし、そうやってささやかな抵抗をしたとしても、
テヒが第二次韓流ブームの火付け役になり、
SPAあたりが
「男がハマる韓国ドラマ 
 僕たちは宣言する 
 もう、おばさんだけのものじゃない!」

というような特集を組むのです。 

きっと。

ああ~教えたくなかった。



サイト検索

<< 2010年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2010年4月

紹介メール

このページを紹介するメールを送信する事ができます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
配信先メールアドレス
(複数のメールアドレスに送る場合は改行して1行に1メールアドレスを書いてください。):
題名:
紹介文:

MON:U アマゾンストア

(紋谷さんお薦めの逸品を手にしてみませんか)