紋谷のソコヂカラ 2011/6

rss

梅雨の与太話はどこまでいってもパッとしない話しなのでご注意

投稿日時:2011/06/20(月) 15:44

 
「ここんとこ パッとせんね~」

「パッとせんね~ ぜんぜんパッとせんね~
 世界全体で パッとせんね~」

「世界のことは 知らないけど 
 身の回りだけでも パッとせんかね~」

「世界…重要よ まずは 世界よ 次に日本 
 …で だんだんと 狭めて…身の回りは最後よ」

「そうかね~ …じゃあ まず 世界から
 …最近 気になったことはなにか ないかね?」

「あるね ある」

「なになに? パッとする話し?」

「ジョージア州でさあ」

「アメリカの…?」

「そう ジョージア州でさ
 税金を金で納めなさいってことになったらしいよ」

「金で…?ドルじゃなくて?」

「そうそう」

「まじ? 金本位?」

「そうそう 金本位 」

「ドルは信じられない
 …ってこと」

「そう オバマ信じないってこと」

「やるね ジョージア」

「やるね ジョージア」

「心のふるさと ジョージアなのにね」

「ジョージアってお金持ちの州って
 印象だったんだけどね。
 CNNにコカコーラだよね。デルタ航空で
 …日本の企業もたくさん行ってるし。
 アトランタもあるじゃんね 
 … 民族混合
 …社会保険からみの問題かね」

「…詳しくは知らないんだ
 …で、だれ情報?」

「石原さん」

「都知事?」

「そう あの石原さん
 定例記者会見で言ってた」

「あれは いいね 観るべきだね
 都民じゃなくても
 首相ぶらさがり会見の100倍いいね 」

「うん いいよ 本音だからね
 態度は悪いけど相変わらず」

「亀井さん推し なんだよね あの人 」

「そうそう 
 そこんとこがよくわかんない けどね」

「あの推しはすごいよ
 メディア選抜入りさせちゃう勢いだよ」

「そういえば この前も どこかの記者が
 亀井さんを推す理由は?って聞いていて
 …役人を恫喝できる
 なだめすかして やらせちゃう
 そういう能力が 備わっている
 そこんところが 政治家には必要で
 …みたいなこと言ってた」

「ふーん 本音だね あとは?」

「亀井さんの話しより 
 オリンピック招致の意気込みに
 関する質問が多かったよ」

「ああ 新聞にも出ていた
 石原都知事 招致に意欲 復興のシンボルに
 …的な見出しで」

「違うんだよね~ 定例会見では
 そういうトーンじゃなかった。
 むしろ JOCが IOCに
 ちゃんとロビー活動しろよ
 
 …とか 東北3県の知事に
 オリンピック招致の後押しお願いするとか
 …それは東京都の役割じゃなくてJOCの役目でしょ
 …ちゃんと仕事して欲しい とか

 なにより 次のオリンピック9年後には、
 日本経済はデフォルトしていて、
 オリンピックどころじゃなくなっているかもしれない
 ってことを何度も強調していたよ」

「それが …招致に意欲 …じゃ イラつくね」

「イラつくね」

「あとね 都知事選に敗れた 松沢さん
 …吉本興業入り だそうですが
 ご感想は?
 …とか」

「くだらないね 質問が 」

「くだらない」

「新宿新聞の記者さん がね
 どうも毎回いるようなんだけど
 …その記者が、質問するのよ
 …だけど
 …あんたの話は主旨がみえないんだよ~
 って石原さんに怒られちゃうんだよね」

「怒られちゃった?」

「その人がね 松ちゃんの最新作の
 …つか侍だっけ、さや侍?だっけ
 あの映画の主役の
 …素人さんに似てるんだよね」

「…ああ~ あの~」

「で、怒られても 怒られても 喰いつくの
 そんで質問繰り返すの…
 で、石原さん
 イライラすんだけど、それでもめげないのよ」

「さや侍」

「さや侍 …なんだか愚直でさ
 真面目でさ ひたむきでね
 …がんばれ って感じ」

「見てみたいね その人」

「たぶん 毎回 出てると思うよ
 質問が許されるかは わかんないけどね」

「…で どんな質問?」

「帰宅難民の対策として 都内の空き地に
 簡易トイレとか置かないのか?
 …要約するとそう言う話し、
 それが伝わるのに3,4回
 石原さんとのやりとりがあって
 やっとわかったんだけど(笑)」

「…で、石原さんはなんて?」

「はいはい 新宿新聞自身もがんばって、
 そのくらいやりなさい…って
 最後はバサッ!って
 一刀両断!」

「切られたんだね …さや侍だけに」

「そう さやだけだからね」

「その話し 作ってない?」

「作ってないよ
 本当に似てるんだよ あの人に 」

「うーん なんだかパッとしないね まだまだ」

「しないね~」

「最近 面白かったエンタメ情報はないの?」

「本屋さん 回るとね。
 小説がね なんか異常だよ 少し」

「異常…? って?」

「告白や悪の教典 あたりの影響なんだと思うけど
 なんだか ああいうおどろおどろしいい感じの物語
 増えてる 帯が派手でね~ 煽り方が…大げさすぎる
 …もともとそうなんだけど 最近はひどいよ」

「悪の教典も …後半、ぐだぐだじゃんね~」

「前半面白いのに…歯車狂い始めてから
 …はい?って感じ」

「なぞ解きはディナー…が本屋大賞??
 ってびっくりだね」

「びっくりだよね…キャラ弱いよね あれじゃね。
 …あっ 映画はあるよ パッした」

「パッとした?」

「したした
 久しぶりに 熱くなった」

「なになに?」

「イップマン」

「ん?…なに?…イップ??」

「イップマン」

「どこの映画? どんな話し?」

「連作なんだけどね
 イップマン序章 とイップマン葉問
 2010年度興行収入香港No.1のカンフー映画だよ」

「香港カンフーって 久しぶりだね」

「実在の中国武術の達人の半生をベースにしてるんだけど
 この人はブルースリーのお師匠さんでもあった人でね、
 序章が日本占領地下の中国での話し
 葉問が英国占領下の香港での話し なんだよ」

「そうすると 敵は 日本と英国 」

「そうそう 序章は日本の軍人がラストボス
 俳優の池内博之クンが演じてる。」

「よく受けたね その役?」

「そうだよね でも彼の下の日本人の軍人の設定が
 ほんとうに嫌なヤツで
  …もうそっちにムカついた」

「ふーん イップマン…強いの?」

「強い 強い …小男なんだよね
 でもね 正義の魂持っていてね
 常に静かなる巨人なの それがね
 虐げられて虐げられて
 …でもってね ついに…
 立ち上がるんだよね…ここがさ
 くう~ 熱いんだよ」

「健さん」

「とくにね 2作目の葉問
 …こっちは くるよ 必ずくる
 オトコだったら オンナでもくる…
 相手のイギリス人のボクシングチャンピオンがさ
 …もう くうううう~って感じのやなやつでね」

「くうう~ばっかだね
 対日本~対欧米 …その設定は
 ブルースリーの怒りの鉄拳~
 ブルースリーへの道と同じだね」

「イップマンの前にね
 サモハンがね闘うんだけどね…」

「サモハンってあのサモハンキンポー」

「もう 年よりのサモハンがね
 …くうう~熱いんだよね それでね
 …くううう~」

「くうくう~うるさいよ
 サモハンはどうなるの?」

「壮絶なんだよ そこが…
 CG慣れした人にはぜひ
 あのボクシングシーンは観て欲しい 」

「序章は、抗日ものじゃない
 公開されたの?」

「武蔵野館くらいじゃない
 あんまり面白くて すごかったらしいよ
 いまどき 抗日ものだからって
 ロードショー扱いできないのって
 ぜんぜんダメだね

 でもまあ そんなことより 観て
 面白いから くううう~ってなるから。

 主演はナイナイ 岡村似のドニー・イェン
 余談ですが…奥さん役の中国人女優
 …名前は知らないんだけど すんげえきれい 」

「でた アジア美人好き(笑)」

「葉問では脇に徹する役なんだけど
 序章では この奥さんがいい味だしてるんだよ
 そこんとこも注目 …単なるアクション映画
 ってだけでなく 日本占領下の中国の小都市と
 英国の臭いが漂う香港 の当時の街の感じをね
 …セットうまく造ってるんだよね。
 で、ドラマとしてはそこで生活する
 脇役の個性が、またよいんだよね」

「パッとする?」

「するする 絶対にする」



「日本のものは 最近ダメかね?」

「うーん ダメじゃないんだろうけど
 なんだか小さい世界で、細かい技に走りすぎの
 独りよがりの 変わったことやりすぎの
 …そんなの多いよね もっとシンプルに
 面白いもの作ってって感じ
 “川の底から…”以降ないよね 」

「パイレーツオブカリビアンを
 面白いというのはやめようの会
 会長としては …ハリウッドものは?」

「僕、以前に…ジョニーディップ自身が
 もう いいんじゃね って言ってるらしいよ
 まあカリブの海賊はおいておいても、
 手放しで スカッとする作品は少ないよね」

「ブラックスワン 期待してなかった?」

「してた してた … でもね ダメでした」

「ナタリーの演技すごいんでしょ」

「話しがね … 痛いし
 最後はなんでもありだし… 」

「痛いって?」

「謎が 謎じゃないんだよね それがすべてかな。
 謎に期待して観ちゃうんだけど
 …ラスト…謎じゃないじゃん!?…って」

「はあ?」

「まあ 観れば
 アカデミーものなら ソーシャル…は好きだったよ
 ぜんぜんスカッとはしないけど」

「スカッと と言えば
 ヒーローものなんかでないの?」

「ないねえ~ エクスペンタブルスと…
 あっ…ロビンフット は良かったよ …
 ラッセルクロウはいいよね 最近すごくいい。
 ロビンフットものとしてもシナリオ新しいし
 そういう描き方もあったんだ って感心した」

「あとは ないの アメコミとか?」

「ないねえ アメコミねえ~
 主人公自身がやたら悩むじゃない
 設定として…あの傾向は
 そろそろやめなさいって思うよ」

「善と悪 
 …そもそも 同じだった的な…」

「そうそう 悪のフォースに取り込まれないで的な
 … アメコミじゃないけどトロンの最新作もそうだよね
 アイアンマンも スパイダーマンも
 X-menも ハルクも
 みんなそう そこのところ 主人公に悩まれると
 観てるこっちも困るんだよね 」

「ああ 確かに… 感情移入しずらい」

「勧善懲悪…単純でよいのに
 複雑にすることで 新しさ出そうという下心
 …そして後半失速する。

 意外にあたったんでキックアスも
 続編作るらしいけど、2作目は
 1作目の脇役の女の子 主人公だってさ。
 なりゆきシナリオだとしか思えない」

「自己矛盾みたいな設定は
 日本のアニメの十八番だから
 真似しようとしても無理なんだよね 」

「悩むよね~日本のアニメの主人公…
 ワンピースが受けてるのもその反動でしょ
 悩まないで突き進む 」

「ナルトあたりは 悩んでるもんね
 …さて、 主人公が屈折していて、
 それでもよくできている日本の
 アニメの代表と言えば、
 なんでしょう?」

「…なんだろう?
 エヴァ…ガンダム…
 あっ デビルマンだ!」

「デビルマン…古いね
 そうね 人間滅ぼそうと登場して
 早々に、女に惚れて転向しちゃうって

 おいおい!デビル軍団にしてみれば
 そりゃあ 怒るわ(笑)

 …正解は 装甲騎兵ボトムズ 」

「知らない」

「あの世界観は
 なかなか真似はできないと思うよ」

「ふーん」

「でも、パッとはしないから説明しないし、
 この季節には進めないけどね」

「じゃあ この季節 どう過ごすのさ
 どうやってパッとするの?」

「これ見てる」

「…島…図鑑」

「図鑑なんて 生まれてはじめて買ったよ(笑)
 …このサブタイトルが 惹かれるんだよね」

「有人島全収録!」

「そうそう ぐっとくるでしょ
 かつて日本人が住んでいて、
 今は無人島って島も網羅してるんだよ
 取材をはじめて30年がかりの図鑑
 前から気になっていたんだけどね

 最近、あまりにパッとしないからね
 気分かえようかと、手に入れたんだよ」

「おもしろい?」

「おもしろいよ
 全部の島が写真と解説付きなんだよ
 瀬戸内海とか九州とか
 はじめて聞く小さい島がいっぱいでさ…」

「ふーん おれにはわかんね
 もう日本が島じゃん
 本州が島じゃん おれたちみんな
 “島んチュ”じゃん」

「小さくないと島は
 …そこに凝縮されるんだよ いろんなものが
 …で 島だから 孤立してたたずむ
 …その沈殿する空気が…」

「はいはい わかった
 もういいよ… 沈殿してんじゃん 今日もさ。
 パッとしてないんだからさ
 次回は もう少し パッとした話にしようよ 」

「旅行記書いてくれ
 ってリクエストが 多いんだよねいちばん」

「みんなも パッとしたいんじゃないの
 …2番のリクエストは?」

「あとは 与太話と料理と犬とエンタメが 同列…
 病気の話しは なんとなく入れといてって感じ(笑)」

「…わかるね その感じ…
 でも 旅行記書くなら どこかに行かないとね」

「行かないとね  行け行け言って
 自分が沈殿してたんじゃ 意味ないよね」

「そういえば ANAのCM 久しぶりにいいね」

「見た 見た いいね
 シンプルだけど いいね」

「商品はもちろん違うけど
 SMAPのシンガのCMの予算1/100
 くらいだろうけど
 ANAの“休夏”の方が、ずっといい」

「言っていることは普通なんだけど
 なんといったも間がね…うまいよね」

「うまいね。作った人に拍手だね 」

「島巡りの企画とか 誰か持ってこないかね」

「やっぱり 島なんだ
 まずはどこあたりから 攻めますか?」

「ここ数年で気になっているのは
 …小笠原」

「近いけど…遠い やつね
 ある意味 地球の反対側行くより 遠い」

「伊豆諸島の 御蔵島までは
 ポツポツあるんだけど 小笠原は未踏でね。
 機会はあったんだけど…行かず仕舞。
 南鳥島や硫黄島までは 無理としても
 父と母には 行きたいね」

「バリ島の半分でも 他に傾けてればね…(笑)」

「いま思えば それは言えるかも
 でも まだまだこれからよ
 思い立った時が行く時よ」

「ここに来て 思ったの?」

「そう 40歳までは
 日本に興味なかったからね」

「…で 島?」

「都道府県は 全部制覇したんだよね
 なんだかんだで。
 だから県単位じゃなくて 地域単位
 で いちばんの興味は“島”って形態
 …ここに惹かれるんだよね」

「おれは行かないよ 別に
 惹かれないから。

 どこかのイカシタ姉ちゃんと…
 そうねえ グアムとかで…」

「グアムも島じゃん
 チャモロ族の文化とか観るものあるよ」

「なんだそれ
 イカシタ姉ちゃんは
 チャモロ族とか興味ないんだよ
 
 シャトルでDFSめぐり
 …グアムと言えばこれしかない」

「だめだね イカシタ姉ちゃん分かってないね。
 本当にイカシタ姉ちゃんは…
 グッチやシャネルやクロムハ-ツとかじゃなくて、
 チャモロ族の村で洞窟壁画のペンダント欲しがるんだよ 」

「そんなのいらないよ」

「いらない姉ちゃんは イカシテない“ただの姉ちゃん”
 そんなこともわかってないと
 石原さんに叱られるよ」

「…ほんとかよ じゃあ
 今度さあ~グアム行かない?
 チャモロ族のペンダント買いにさあ~
 …とか誘ったら…」

「そこで喜べば イカシタ姉ちゃん。
 反応なしは…ただの姉ちゃん
 分かれ目だね」

「誰もいわない 気がするけどなあ~」

「それは 彼女がイカシテないんじゃんくて
 あんたがパッとしてないから」

「それなら イカシテない姉ちゃんでいいよ」

「パッとせんねえ~そんなことじゃあ
 今回のテーマを忘れたのかい?
 世界がパッとしても
 そんなんじゃ身の回りは
 パットしないよいつまで経っても…」

「そうか じゃあ 
…ダメもとで チャモロ族
 …で 身の回りのイカシタ姉ちゃんから
 …ってことで 」

「がんばって こっちは 旅行考えるから
 ひとり旅 」

「じゃまた 報告よろしく
 チャオ」

「ダスビダーニャ アディオス スラマツジャラン♪」

僕と飼い主のこと そのに

投稿日時:2011/06/05(日) 22:13

なんだか 最近 眠い。

どうにもこうにも眠い。


飼い主が言うには

 

「この季節は まだ自然界は寝ているのが当たり前で
 それを やれ春だ それ新学期だなんて

   浮かれているのは 人間だけ
 でも 本来のメカニズムはお休みモードだから
 その反動が体に出るんだよ。

 だから人間も調子落とす時期だし
 …5月病とかその典型だ。
   無理して頑張っても、結果はついてこないんだよ。
   人間様はみんなまじめだからなあ。
   本領発揮は梅雨明けからで、
   今はエネルギーを溜める時期なのだ」

 

などと わが飼い主にして情けないことを。

 

このブログも書きたくない。
などと、
不謹慎なので ワン! 
と吠えるも効き目がない。
 

仕方ないので 僕が書くことになった。

 

1年ぶりの登場なので、
なにか気の利いたことなど言いたいが、
比較的平和な毎日にとくに不満もなく

毎日だらだらと 

「あらあ~海ちゃん かわいいわねえ~」
などと 近所の奥さんのご機嫌など
とりつつ暮しているので改めてなにか
といっても特にはないのです。

 

それでも、

 

「おまえは ご飯とボール遊びとおしっこと
   ウンチとお散歩と撫でてくれる人さまがいれば
 それでいいのか?

 人生 それだけか!」

 

と飼い主に言われ続け
 
「ほかになにか
 犬にとって大切なことなどあるのか?!」
 

と日々 考えてはいる。

 

東北の震災のあと、世界のレスキューが
駆け付けている写真を雑誌で見た。

 

確かフランスだったかのチームは 
たくさんの救助犬を連れて来ていて 
その犬たちが活躍していた。


なんと僕と同じ犬種だった。 
心が動いた。 

同じ種類の仲間が
人さまの役に立っているのを見るのは、
誇らしい反面 
ここでこうしてじゃがりこ君を食べながら 
雑誌を見ているだけの自分を情けなくも思った。

 

東京のどこかの倉庫の中に山と止まれた支援物資 
届かないまま朽ちてゆく食料 

もったいないなあ~
美味しそうだなぁ~


などと、とんちんかんなことを
考えている自分を無き父が見たら嘆くだろうなぁ~

 

飼い主から、昔 聞かされた話だと、
父親は山岳救助犬だったらしい。
それもけっこう活躍した
優秀な犬であったようだと。

 

人間は「馬と犬は血統だ」と珍重する。 
その意味ではこんな飼い主に飼われなければ
僕だってと思わないではない。


むしろ、今からでも 
「行け!」と言われればその気はある。 

本当だ。
血が騒ぐというのはこれだと感じる。

 

「機会は自ら造り出すもの」 

言うのは簡単だできないひと 
いや 犬もいる。 
ここにいる。

 

 

気分を変えようと公園に行くと 
向こうから せいなが走ってきた。 

「なにしてるのお~」 
土日の昼間には彼女によく会う。

 

見かけると、嬉しそうに走ってくる。

どうも僕に気があるらしい。

 

いつか飼い主が 
せいなってどんな字?」と聞いたのだが、

地面に小枝で「聖菜」「清奈」と書いても
「違う!」とだけ 

「静奈か じゃあ 星名かな?」

と意地になって書いても 
首を縦に振らない 
こういうところがわが飼い主は面倒くさい
字なんてなんでもよいではないか。


せいなも飽きている
早く僕とボールで遊びたいのだ。

 

始まったボール遊びはなかなか終わらない 
というかぜんぜん終わらない。 
子どもと言うのはどういうのだろう

飽きないことにはぜんぜん飽きない。 

同じことを同じように、
ケラケラ笑いながら続けるこの根気
さすがのボール好きの僕も参った。 

渡せば 投げられる 
そのうちベンチの下に逃げ込んで 
ボールを彼女に渡さないようにするのだが、
彼女は、いつまでも僕を覗き込んで 

「ねえ~ボールちょうだい♡」と諦めない。 

 

「投げられても取りに行かなきゃ良いんじゃん 」
と笑って言うが それは無理なのだ 
投げられたら体が
体が勝手に反応してしまうのだ。

 

せいなはこの町内に半年前に引っ越して来た。
前は団地だったらしい。

今は2階建ての新築。
家にはせいなが生まれる前から飼っているシーズー犬が2匹。 
せいな本人には弟なのか妹なのか 
まだ赤ちゃんの兄弟がいるらしい。

 

もしかしたら お休みの日に遊ぶ友達が
まだいないのかもしれない。

そう思うととことん遊んであげたい気もするし 
なにより彼女は僕のことが好きなのだから 
とがんばるのだが 
もう無理だ。 

ベンチの下から SOSの目線を飼い主に投げる 
と 

 

「じゃあ せいなまたね」と 
やっと解放される。




せいなのご両親は 自分の愛娘が 
こんな得体のしれないおっさんと
近所の公園で仲良しなのを知らない。
こちらが知らないのだから 
向こうも知らないはずだ。 

もし、こんな光景を見かけたら
不安がるに違いない。

 

「だいじょうぶですよ お母さん
 飼い主は胡散臭いですが
 僕は立派な血統をもった
 どこに出しても恥ずかしくない、
 むしろ誇らしい ちゃんとした犬ですから」

 


たいがにしてほとんどは 
目の前の公園で済まされるお散歩が 
ごくたまに少し先の森まで行くこともある。


よほど天気がよい時と 
飼い主の気分がよい時と 
そういう偶然が重なると 
ごくたまにある。

 

小さい旅がめったにないせいか、
森まで片道15分の道行きでも 
僕には冒険だ。

 

電柱がある度に、
さまざまな犬のおしっこの臭いを嗅ぐ。

 

おそらくはここを散歩コースにしているのであろう
近所の恵まれた犬たちの臭い。 

 

あんまりに頻繁に立ち止まり、
フガフガと嗅ぐので、

飼い主は

 

「そんなに他の臭いが気になるのか?
 嗅いでも仕方ないだろう。
 まっすぐ歩け!」と怒る。

 

仕方ないたしかに嗅いでも仕方ない
のだが、そういう性分なのだから仕方ない。 

 

森のスケールは小さい 
といっても東京近郊の中では 
緑はかなり潤沢にある方だと思う。

それでも、去年の飼い主の田舎などとは
比べるべくもない。

 

茶畑も田んぼも 
なんといっても 
飛び込みたくなるような
川がないのは残念だ。

 

また夏が来る 
あの楽しかった夏 
暑いけど楽しい夏

今年は一緒に帰省できるのかなあ~。

 

飼い主は 最近、少し調子が悪いようだ 
あまり言うと叱られるので 言わないが、

去年とは体調はあきらかに違うように思う。

 

それでも、「生きているだけで丸儲け」と
散歩しながら歌っている。

たぶん人より神経が鈍いのだと思う。
困ったものだ。

 

かとおもえば
「お前は あと30年生きろよ!」
などと無茶をよく言う。

ラブラドールがそんなに生きられるわけないじゃないか、
ラブに限らず犬はみんなそうだ。

 

長生きするペットがいいなら
 象亀でも買えば?」
と切り返すと、

 

「あれはダメだ
 なんというか生きるっう
 …やる気を感じない」
そうだ。

 

小さい森を適当にさ迷う。

 

「あれえ~こんなとこにまた家が建っている!?」
とびっくりしている。


たしかに、少し見ない間にまた住宅が増えたようだ。
このあたりは通勤圏なので、人はどんどん増える。

すこしでも土地があれば
いつの間にか更地となり、
いつの間にか家が建って、
いつの間にか人が住んでいる。

 

放射能は怖くないのか 
もっと田舎に行けよ 
田舎は楽しいぞ と思うが。 

まあ犬の言うことだから流して欲しい。

 

「緑が元気になってくると
 森がもりもりしてきて
 いよいよ夏だあ~って
 気分になるんだよなあ」

 

飼い主はいつもこういう 
どこまで夏好きなんだとあきれる。 

太陽さえ浴びていればそれでいいという人だ。

ちなみに こちらは あんたの20倍暑いんだ 
と言いたくなるが そこまで好きならまあ仕方ない 
とひたすら我慢してもう8年。 

前にも言ったが 
どんなに暑くてもわが家には 
クーラーがないから大変だ。

正確には あるにはあるのだが

10年以上動かしていないから、
動かないまま そのままである。

 

こういうことを言うと 
いまは節電だから
話を結びつけてしまいがちだが、
そんなこととは関係ない

 

「太陽のエネルギーもらって
 暑くて 汗をかいて 体の老廃物が出て
 …ああ気持ちいい~」

 

なんて飼い主は 

 

「エコだの 節電だの
 …後付けで したり顔で
 うるさいなあ~ 冷房は気持ち悪い、
 使わないから灯りは消して、だけじゃん!

 別に、仙人の暮らしには
 あこがれないけど、もっと裸のままで
 いいじゃん!」

 

という発想でしかなくて 
マクロ的にどうしたより 
自然に目の前にある 
気持ちの良いことを普通にすれば
ってだけのようで、


いちいち 大げさに言うなよってだけで、
そう考えると 目の前にボールがあるから 
それを追っかけてしまう 
僕の行動となんら変わりはないのだと 
この飼い主に親近感が湧く 

というわけでもない。

 

 

さて、散歩もそろそろ終わりの様だし
このへんで失礼します。

 

飼い主に替って書いた割には 
思い立ったことを繋げているだけの
感じで申し訳ない。


まあ 犬と言うものはそういうもので 
あまり前の話は忘れるし 
いま目の前のことに反応してしまう
性分なので、勘弁して欲しい。

 

去年 ここに登場したあとに 
見ず知らずの人何人かから 
飼い主の携帯にメールを頂いた。
 

飼い主も知らない人らしく、

「こんなメール来たぞ!」と見せられた。

 

みなさん 無類の犬好きの方で、
なんとなく迷い込んで 見つけられたようです。

 

 

「これを機会にお前のサイトとか作るか?
 写真集とか グッズ とか(笑) ?」

 

その気もないくせによく言うものだ。 
そういうありがちが一番嫌いなくせに。

 

「テーマ次第では面白いかもだぞ。
 もうこの辺りとか
 うちの田舎じゃ芸がないから。
 どこか……そうだ!
 

 八重山の島はどうだ。
 世界でいちばんの海だぞ。
 あそこで散歩したら
 死ぬほど気持ちいいぞ!

 ヤギとかいるぞ。

 野生のクジャクとか

 

うーん そういうことなら大歓迎だ
でもヤギってなに?
くじゃくって美味しいのか?

 

うーん でも なあ
 画とお前がな~合わないなあ
 クリームソーダ色の海に
 おまえがいてもなあ~

 もっと緊張感あるところでないとなあ
 おまえのとぼけ具合に現実感がでないからなあ~」

 

緊張感ってなんだ?
いやな予感がするから遠慮したい。

 それに僕はとぼけてなんかいない。

これでもまじめに生きているぞ。 

よく考えれば飛行機に乗るなんて
考えただけでも無理だ。


ドライブは好きだから 
江の島くらいでいいのだ。 

江の島万歳! 
 ? 聞いてない?

 

はあ~犬の気持ちは伝わらない。

 

ではまた、夏の盛りでもみなさんお体大切に。

 

 

 

暑い夏にでも。

サイト検索

<< 2011年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

紹介メール

このページを紹介するメールを送信する事ができます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
配信先メールアドレス
(複数のメールアドレスに送る場合は改行して1行に1メールアドレスを書いてください。):
題名:
紹介文:

MON:U アマゾンストア

(紋谷さんお薦めの逸品を手にしてみませんか)