紋谷のソコヂカラ

rss

女優![紋谷のソコヂカラ]

投稿日時:2010/08/06(金) 00:43


美人は3割手間がかかるらしい。
口説く側も、3割増しで
努力しないといけないことになっている。

美人本人に言わせると 維持するのが大変で 
やはり3割くらいは、
時間やお金やお手間がかかってまあ大変…
寄ってくる男も3割増しで、
これまた手間がかかるらしい。

なにをもって美人とするかは、
趣味の分かれるところ …ではなく、
やはり、美人は美人。 
好き嫌いは別にして、どうにもならない。


伊坂幸太郎の新作
「バイ バイ ブラックバード 」に出てくる
女優曰く、媚へつらいすり寄ってくるか 
わざと意識していない風を装うか… 
こんな男しかいない…

辟易と言っているが、 
美人というのは兵器に近い 
そうであるというだけで 
まずは身構えてしまうのは
仕方がない。

韓国ドラマ「IRIS」のキャンペーンで 
テヒが日本のテレビに生で登場した。
論客イケメンの国際弁護士が 
その傍らに立つが 
いつものクールな立ち居振る舞いはどこにやら、
まったく落ち着かない 

挙句に「あなたが好きです」みたいな 
韓国語を喋り 伝わらず 
同様にゲストだったビョンホンに 
「日本語かと思った」と
揶揄(本心でしょうが)されてしまった。
格好悪い…が仕方ない 

テヒはそこにいるだけで兵器なのですから。

しかし、「IRIS」はいただけない。 

あまりにいただけないので、
悲しさを通り越し、怒りを感じる(笑)
原因は 日韓双方にある。

日本側の問題は 
①本来の1話分の放映時間をCFの尺分カットしていること 
②黒木メイサ

韓国側の問題は 
①脚本がダメダメであるということ。

「IRIS」なんて観ていない 
という人も多いので詳しくは省きますが、
テヒの魅力すら感じさせない

このドラマの臨場感のなさは 
もう 特筆もので、
これをして韓国ドラマを誤解されてしまうのは 
とても辛いということだけ言いたい。

そして、もし
「なんだ、この程度??
 韓国ドラマってやっぱりまだまだね」

なんて思っている人がいるのでしたら、 
本当に面白い韓国ドラマを
1本だけ紹介したいと思う。

そもそも観てもいない
「IRIS」を取り上げたことを反省しています。 
(正確にはテヒという女優を紹介したのですが)

やはり、自分の目で見て、
ほんとうによいと思えるものを 
ちゃんとお勧めしなければならないと
改めて思いました。

「ファンタスティック カップル」 
 2006 韓国MBC放映 全16話


この年の韓国の演技大賞で4冠を獲得した作品です。
日本でもBSジャパンやKNTVはもちろん、
民放でも昼の枠で放送されました。

韓国の友人に前々から薦められていたのですが、
観る術がなく機会もなく、放映からだいぶん経ち、
1WEEKレンタル</a>の安価版でやっと観る事ができました。
※すでにTSTAYAでもレンタルができます。


どう話せば、この魅力が伝わるか 
正直 わかりません。 

小学生からエンターテイメントに浸かって生きてきた
僕のような人間は、功もあれば、罪もあります。

罪というのは、あまりに観すぎてしまっているために、 
小説でも映画でもドラマでも、
大概の事には心を動かされない 
という罪です。

たとえば 泣けない 笑えない。
面白いとは感じるのですが
泣いたり笑ったりまで行く前に 
心が止めてしまうのです。

それほどものでもなかろうと…。
そんな僕が、ほんとうに久しぶりに 
ボロボロと泣いてしまいました。 

ゲラゲラと笑い、喉が痛くなりました。

その原因が主演の 
ハン・イェスルの存在と演技です。
 

もちろん脚本や台詞が秀逸であるのですが、 
ちなみにこのドラマ、お金はかかっていません 
おそらく「IRIS」の十分の一程度の製作費でしょう。

韓国ドラマお得意の海外ロケもなく 
田舎町、南海(ナメ)ですべてのシーン(たぶん)が
製作されています。

カテゴリーはコメディーですが、 
前半と最終話し付近では同じドラマ? 
と思うほど様相が変わります。

このギャップは 前半からの布石が
観る側に相当深く根付くので
そのギャップともいえ、
ここが僕の 涙の理由でもあるのですが…

イェスルの美人度は相当なものなのですが、
はじめ観た印象は「タイプじゃないな」でした(笑) 

それが、中盤に差し掛かるにつれ、
「おお、もう あなたのためなら何でもするぞ、
このやろう!」に変わってゆきます。

「ファンタステック・カップル」はファンの間では 
通称“ファンカ”と呼ばれています。

細かいあらすじやなんかは、書きません。 
興味があればオフィシャルや
ファンのサイトを観てください。

ただ、3割どころではなく 
軽く10倍、手間がかかる大富豪で
高飛車の極みな主人公が、
性格はそのままに、記憶喪失になり、
超貧乏な家庭で暮すことになる 
…そんな話しです。

観て欲しい個所は、彼女のせりふ回し…と 
記憶がなく不安なのに、態度が女王さま 
もっというと 本音でしか喋らない 
おもねらない本質的な優しさを感じさせる
その振る舞いです。
 
韓国ドラマは、あまりにはまり込み、
観終わっても放心状態になることを
「廃人」と言いますが、
このファンカは間違いなく 
廃人養成ドラマです。

僕に限らず「時間は大切」 
無駄なものに使えません。

映画などは
2時間観てつまらないと 
お金返せ …というか
時間を返せと言いたい。

特に、韓国ドラマは話数が長いので、
半端なものはお勧めできません
(まあつまらなければ止めればよいのですが)

それでも、話に乗るのに何話分かは観ないと 
良いのか悪いのか判断がつきませんから、
結果…つまらないでは困ります。

実際、このファンカも3話までは 
どんな印象でも観てください 
そして、
5話までいけば
もう止められません。

あと、観終わると
マッコリが呑みたくなり 
ジャージャー麺が食べたくなります。
これは保障します。

また余談ですが、これを観て 
イエスル ファンになったら 
「いかさま師 タチャ」を次にお勧めします。
さらに美しくなって 
画面すべてを持って行ってしまう
存在感のイエスルに会えます。

タチャは「オールイン」をかなり意識して
つくられていますが、 最近の分だけ
スタイリッシュですし、シナリオが抜群に面白いです。

今回は夏休み お暇なら観てよね 
お暇でなくても観てよね 
企画でした。

食客[紋谷のソコヂカラ]

投稿日時:2009/04/25(土) 09:30


「韓流ドラマ…なんて観るかい!」
ずっとそう思っていた。 
今までも…これからも…そのジャンルはありえない…
自分は…と。
 
しかし、不覚にも…いや必然にも(笑)
はまってしまった。見事に。
 
今回は、その言い訳を聞いてください。
 
「冬のソナタ」から始まった韓流ブーム…
もうだいぶん経ったなあ…と感じませんか、
でも、まだ5年であります。
 
町のビデオ屋さんの韓国ドラマのコーナーがどんどん増設され、
韓国のスターが次々に生まれ、
草薙君が韓国語をマスターした頃には、
もうあたり一面、韓国ブームに沸いていた。
 
日本人が忘れてしまった 
優しさや…純粋な気持ち…そして気骨
 惹かれる気持ちも分からないではないのですが、
かといって「ヨン様もチェジゥ様も …」自分には無縁のものと、
決めていました。
 
なんか、はじめから漂う
「悲劇やっちゃいますよ~でも最後は、感激しますよ」
的なオーラが、どうも、受け付けなかったんだと思います。
 
「わたし 泣きにゆくの」とか
「感動したいから観るの」
そういうものは準備するものではないような気がして、
敬遠していました。
 
その後の「秋の童話」や「天国の階段」…
「ホテリア」「夏の香り」
女性を中心として、韓国ドラマのフェチさん達から
「いいわよおお」なんて いくら薦められても、
食指は動きませんでした。
 
「一家で観てます“太大四神記”」と言われても、
「へえ~僕は、韓国ドラマ観たことないけど、映画はよく観るよ」
と、スルーしていました。
 
ここで、もう少し
「どのへんがよいのかなあ?」などと質問していたら、
今回、言い訳もする必要はなかったかもしれません。
 
なぜなら、ドラマも進化していた…らしいからです。
韓国ドラマを1本しか、まともに見ていない 
にわかファンの僕には語る資格がないとは思いますが、
日本のメロドラマを模したその作風だけで、
今日まで、韓流ブームが続くわけは、そもそもないことは、
よく考えればわかります。 
しかも、この飽きっぽいことこの上ない、
日本と言うマーケットで。
 
ドラマは観ていないのですが、韓国映画は大変好きで…
「シュリ」以降、かなりへヴィーに観ています。
 ガツン!! と来たのは… 
…いかんいかん 韓国映画について語るとそうとう長くなるので
またに回します。
 
ただ、いいたいことは、「シュリ」以降…韓国映画は、
その質において、目を見張り、脱帽する進化を遂げているということです。
また、ジャンルも多岐にわたり、そのどれもが、独自に進化している。
 
脚本のうまさが秀逸だから、大河ものからコミカルなもの、
恋愛映画も社会派ドラマも…素晴らしい出来です。
特に僕が好きな社会派の映画は、
 
リアリティーの追求に手を抜かないことで、
「濃い」テーマを現代の映像技術に乗っけて表現していますから、
とにかく ガツン!ガツン! 来ます。
ああ…語ってしまう。
話しを戻すと、映画は観ていましたが
ドラマにはまったく興味なしの そんな自分でした。
 
 「食客」


はじめは、WOWOWのちら見…
だったのが…身を乗り出すようになり、録画を重ね…
昨日の最終回は…放送時間に合わせてテレビの前に…
手をもみもみして座ることに。
 
ドラマは 昨年 韓国SBSで、放送されました。
原作は100万部のべストセラーのコミックです。 
主演は「ひまわり」のキム・レウォン。
 
テーマはタイトル通りに 「食」がベース。
韓国最大の宮廷料理店「雲岩亭」を舞台に、
主人公を巡りさまざまな人間が繰り広げるドラマです。
 
見所はやはり、「料理」 です。
雲岩亭の料理を継承する後継者を選ぶために、
主人公が、実の兄や 厨房の同僚と対決したり、
 店の味の決め手 受け継がれた“醤(ジャン)”の復活に、主人公が奔走したり、
幻のスープの味を再現したり…牛肉の品評会があったり…
と、毎回、さまざまな「韓国の食」が織り込まれています。
 
ラストは、世界制覇をもくろむ、日本のレストランチェーンのオーナーに
乗っ取られそうになる「雲岩亭」…
不仲になってしまった 兄弟が…亡き父親のために一致団結し
戦いを挑んでゆくのです。
 
笑顔の貴公子…キム・レウォン 
主人公の兄に クォン・オジュンが演じ、
女性陣は 天真爛漫な女性記者にナム・サンミ
美しく聡明な 雲岩亭の経営室長にキム・ソヨンと
イケメンと美女を配していること以上に、
24話と長丁場でひきつける魅力が随所にあるドラマです。
 
韓国では視聴率が20%を越えて大ヒットしたそうですが、
確かに面白かったです。
 
もちろん、日本の「無駄な演出を排した脚本や台詞まわし」
になれた目には、話しの流れや、わざとらしい「セリフ」に
あれえ~なんて違和感もあります。
 
特に、肝心の出来上がった料理がいまひとつ 
うまそうに見えないということなどは、(笑)
映像技術の問題だったりするのでしょうが、
それでもいつの間にか、主人公のひたむきな在り方とその笑顔に
…不肖 紋谷 ひきつけられてしまいました。
 
と、ここまでが 言い訳ですが… 
今までの韓国ドラマにはなかった 「食」というテーマが
大ヒットした韓国ドラマ…
これからも新しいジャンルでの進化が見られると思われます。
 
これを機に、韓流ドラマフェチには…なるかどうかは
自分でもわかりませんが。
 
ちなみに、「食客」 
このGWに 映画も日本で公開されます。
 (キャストは替わっているので、そこは残念ですが)
 
釜山国際映画祭のフィルムマーケットでも大人気で、
海外バイヤーの多くが購入のオファーを出したそうです。
日本からも3.4社の配給会社が動いたのですが、
監督は「日本には売らない」と即断したそうです。
 
その理由は、 映画の後半に描かれた「日本の扱い」を巡り、
手直し(編集)を日本側が要求したからとのこと。
 
韓国⇒日本の葛藤について、日本人が不快感を持つので 
…という要求に対して、
「利益のために作品を傷つけることも話しにならないが、
歴史的理由ならなおさらのこと」と。
 
それが、どんな経緯でこのGWに公開されることになったのかまでは 
知りませんが、僕としては うれしい話し
もちろん、映画祭での公開フィルムのままでの上映を期待しています。
 
 
…WOWOWでの放送が 昨夜最終回 …草薙君笑える
頑張れ …そんなこんなで 今回はこんな話しでした。


サイト検索

<< 2019年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

紹介メール

このページを紹介するメールを送信する事ができます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
配信先メールアドレス
(複数のメールアドレスに送る場合は改行して1行に1メールアドレスを書いてください。):
題名:
紹介文:

MON:U アマゾンストア

(紋谷さんお薦めの逸品を手にしてみませんか)